大学受験

大学受験はその学校の考え方を学ぶ。つまりウチの大学に欲しいのはこれができる人材だということを。それがコンパクトにまとまったものだ。コンパクトにまとまっているので見やすい。ある意味で大学はすでに「企業」なのだ。僕としては自分のやりたいことが…

スナック

前の結婚ではスナックにちょくちょく行き出したのが離婚の引き金になった。ほんとの原因はもっと根深いところにある気がするがここではそこはあえて言わない。「スナックにちょくちょく行き出したら離婚された」そうゆうことにしておこう。スナックもスナッ…

ネーター環

数学においてネーター環(ネーターかん、英: Noetherian ring)は、イデアルの昇鎖条件などのある種の有限性を持つ環の一種。エミー・ネーターによって提唱された。すべてのイデアルは有限生成という条件から単項イデアル整域の一般化と見ることもできる。 …

環論(かんろん、英: ring theory)は(加法と乗法が定義され、整数の持つ性質とよく似た性質を満足する代数的構造である)環を研究する学問分野である。

数学において、零行列(ぜろぎょうれつ、れいぎょうれつ、zero matrix, null matrix)とは、その成分(要素)が全て 0 の行列。O あるいは 0 と記述されることが多い。 また、下付き添字によって行列の型を明記することもある。 自明な線形変換である零作用…

若干のバーコード

香りがそういう雰囲気なら コーヒーの香りはいい香り 何かを紛らわせたような 一緒くたにして飲み込んだような 普通の人なら筋トレや趣味で 昇華させるしかないような気持ちも 飲んじゃおう いっそ飲んじゃおう 大きな声で笑うための歯なら 銀行員のやっくん…

行列解析(英語版)は、古典的な解析学における微分や指数関数の概念を高次元へ一般化するものである。

数学の線型代数学周辺分野における行列(ぎょうれつ、英: matrix)は、数や記号や式などを行と列に沿って矩形状に配列したものである。行の数と列の数が同じ行列は行列の和(英語版)が成分ごとの計算によって与えられる。行列の積の計算はもっと複雑で、2 …

CRPを標準値や他の患者の値と比較することはあまり有意義ではなく、一人の患者の経過を観察するために有用な指標といえる。ビタミンC投与でCRP値が低下するとの報告がある[1][2] マグネシウムの摂取量とCRP値には逆相関の関係があるとの調査研究がある[3]

C反応性蛋白(-はんのうせいたんぱく、英: C-reactive protein)は、体内で炎症反応や組織の破壊が起きているときに血中に現れるタンパク質。肺炎球菌のC多糖体と結合するためこの名がある。CRPと略称される。C反応性蛋白は細菌の凝集に関与し、補体の古典的…

10〜20歳に多く見られ、日本での罹患者数は約4万人以上。多彩な臨床像を伴うことが多い。 関節症状:関節痛・関節炎(約40%)インフリキシマブ(レミケード®):潰瘍性大腸炎にも適応。

クローン病(クローンびょう、英: Crohn's disease、略: CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で、厚生労働省より特定疾患に指定されている。 潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Infl…

何らかの性質を満たすものが存在することを証明するにもかかわらず、どれがその性質を満たすのかについては何も分からない。チェックが多項式時間でできないにもかかわらず、鳩の巣原理により存在性のみが言える例もある 。無限がからんだ場合、鳩の巣原理を使わないとおよそ証明できない命題を証明できる場合がある。 これはすなわち、f が単射でない事と同値である。

鳩の巣原理(はとのすげんり、英: Pigeonhole principle)またはディリクレの箱入れ原理(ディリクレのはこいれげんり、英: Dirichlet's box principle, Dirichlet's drawer principle)、あるいは部屋割り論法とは、n 個の物を m 個の箱に入れるとき、n > m…

赤色光吸収タンパク質(フィコシアニン)と緑色光吸収タンパク質(フィコエリスリン)

比率が赤色光と緑色光によって調節される現象は古くから知られており、Complementary chromatic adaptation(補色順化)と呼ばれている。 Gloeobacter を除く他の藍色細菌は細胞内にチラコイド膜をもち、光化学系複合体などはおもにチラコイド膜に存在し、細…

シアノバクテリア〜原核細胞であり、細胞内には他の藻類に見られるような細胞小器官を欠く。細胞内には、光合成の明反応を行うチラコイド膜、炭酸固定を行うカルボキシソーム、有機窒素の貯蔵用のシアノフィシン、リン貯蔵用のポリリン酸顆粒などが存在する。

藍藻(らんそう、blue-green algae)は、藍色細菌(らんしょくさいきん、cyanobacteria)の旧名である。藍色細菌は、シアノバクテリア、ラン色細菌とも呼ばれる細菌の1群であり、光合成によって酸素を生み出す酸素発生型光合成細菌である。単細胞で浮遊する…

有理数体上では[a, b]は連結でない

いま、定理の仮定を満たす関数 fについて Im(f) = {f(x) | x ∈ I} とおく。また、f(a) < γ < f(b) とする(どちらかの点に一致するときは定理は自明である)。このとき U= {α ∈ Im(f) | α < γ} と V = {β ∈ Im(f) | γ < β} とおくと、f(a) ∈ U, f(b) ∈…

ベクトル場内の曲線に沿った粒子の軌跡。下に表示されているのは、曲線に沿って粒子が動いたときに粒子が出会う場のベクトルである。それらのベクトルと軌跡の各点における曲線の接ベクトルとの点乗積の和を取ったものが、求める線積分になる。特に積分路 C が閉経路であるならば、積分は必ず 0 になるため、ベクトル場 F は保存ベクトル場(英語版)と呼ばれる。また、物理学において、このような性質を持つ力の場を保存力と呼ぶ。

数学における線積分(せんせきぶん、英: line integral; 稀に path integral[注釈 1], curve integral, curvilinear integral)は、曲線に沿って評価された函数の値についての積分の総称。ベクトル解析や複素解析において重要な役割を演じる。閉曲線に沿う線…

電子のような電荷を持つ粒子が、空間の電磁場のない領域において電磁ポテンシャルの影響を受ける

アハラノフ=ボーム効果(アハラノフ=ボームこうか、英: Aharonov–Bohm effect)は、電子のような電荷を持つ粒子が、空間の電磁場のない領域において電磁ポテンシャルの影響を受ける現象である。アハラノフ=ボーム効果の名は、1959年にその存在を指摘した[…

歪対称化可能 (skew-symmetrizable)

線型代数学において、交代行列(こうたいぎょうれつ、英: alternative matrix)、歪対称行列(わいたいしょうぎょうれつ、英: skew-symmetric matrix)または反対称行列(はんたいしょうぎょうれつ、英: antisymmetric matrix, antimetric matrix[1]; 反称行…

リー代数 (Lie algebra)、もしくはリー環[注 1]は、「リー括弧積」(リーブラケット、Lie bracket)と呼ばれる非結合的な乗法 [x, y] を備えたベクトル空間である。

ポアンカレ群(ポアンカレぐん、英語: Poincaré group)とは、ポアンカレ変換の為す変換群。10次元のノンコンパクトリー群である。 ポアンカレ変換とは、ミンコフスキー空間における等長変換である。 等長変換においては内積が保存される。 ポアンカレ変換は…

複素数平面において中心 0、半径 1 の円周は複素数の積に関してリー群である。リー環は、もとのリー群の局所的な構造を完全に反映しており、リー群に付随するリー環と呼ばれる。

リー群(リーぐん、英語: Lie group)は群構造を持つ可微分多様体で、その群構造と可微分構造とが両立するもののことである。ソフス・リーの無限小変換と連続群の研究に端を発するためこの名がある。 G を台集合とする実リー群とは、G には実数体上有限次元…

共形場理論(きょうけいばりろん、Conformal Field Theory, CFT)

共形場理論(きょうけいばりろん、Conformal Field Theory, CFT)とは、共形変換に対して作用が不変な場の理論である。特に、1+1次元系では複素平面をはじめとするリーマン面上での理論として記述される。 共形変換に対する不変性はWard-Takahashi恒等式を要…

負の定スカラー曲率を持つローレンツ多様体

ド・ジッター宇宙(ド・ジッターうちゅう、De Sitter universe)とは、ウィレム・ド・ジッターが解いたアルベルト・アインシュタインの一般相対性理論の重力場方程式の三つの解のうちの一つの解であり、密度と圧力がともにゼロで、宇宙項が正の値をとる宇宙…

AdS/CFT対応を用いて流体力学の問題を一般相対論の問題へ翻訳する

理論物理学では、AdS/CFT対応(AdS/CFTたいおう、anti-de Sitter/conformal field theory correspondence)は、マルダセーナ双対(Maldacena duality)あるいはゲージ/重力双対(gauge/gravity duality)とも呼ばれ、2つの物理理論の種類の間の関係を予言するも…

確率密度関数

確率論において、確率密度関数(かくりつみつどかんすう、英: probability density function、PDF)とは連続確率変数がある値をとるという事象の相対尤度を記述する関数である。確率変数がある範囲の値をとる確率を、その範囲にわたって確率密度関数を積分す…

配信中

音楽などYouTube「チャンネルI」で。小説をエブリスタ「亀山尚輝」で配信中です。

配信中

音楽などYouTube「Iチャンネル」で。小説をエブリスタ「亀山尚輝」で配信中です。

計算するよりも大事なこと

「何を計算したいか」。さもなければ「殴り合いHigh」のゲーマーに過ぎない。

生物なしにウイルスは存在し得ないのか

「地球上に生命の起源が常に存在する」という前提においてこの条件付き開放系を用いた実験は有効であると思える。つまりウイルスが「細胞様のもの」若しくは「系」を作りだすか。ウイルスは少なくとも「機能を持った「体」」だ。それは派生していると。いえ…

酵素ターゲットプローブ

酵素によって切り出される化合物は、蛍光分子でなくともかまいません。たとえば、光をあてると毒性物質を出す光増感剤を一旦不活性な状態にして、がんの部分でだけ活性化させるように設計することで、光を当ててがんを死滅させる光線力学療法を達成できる可…

interhalogen compounds

ハロゲン間化合物(ハロゲンかんかごうぶつ、英: interhalogen compounds)は、複数の異なるハロゲン元素が結合した化合物。ほとんどのハロゲン間化合物の一般式はXY n、n=1、3、5、7(Xは陰性の元素)となる。加水分解しやすく、酸化剤としての性質があるこ…

熱可塑性プラスチック

ポリカーボネート(英: polycarbonate)は、熱可塑性プラスチックの一種。化合物名字訳基準に則った呼称はポリカルボナート。様々な製品の材料として利用されている。モノマー単位同士の接合部は、すべてカーボネート基 (-O-(C=O)-O-) で構成されるため、こ…

配信中

音楽などYouTube「チャンネルI」で。小説「亀山尚輝」エブリスタで配信中です。

重力

君の顔覗き込めどもカオス 一点を見つめて 天が海のように回る 人を見ても 答えは彼の彼女の人間性が見えるだけ 重力に人は動かされ 弾かれ 飲まれ 流される そんな流れで こんな話に ボールがゼロに見える 543210