e=πの証明

e=πの証明は以下のようになります。 冗談ではありません。理由は「連続体だから」しかしながらここで話が終わってしまっては選択公理は拡がりを持ちません。幾何を持ち出した理由は「なぜ数学は拡がりをやめないのか」という疑問に答えるためです。ここで持…

嘴点と価値のないもの。

どんなものでも嘴点となりうる。たとえば皿の置き方だったり。普通に尖閣諸島だったり。まったく違うものかと言えばそうではない。我々はカードを隠している分弱い力で繋がっている。確かな尖点であるとするなら水は絶対零度を超えても液体でありうる。エネ…

小説「テレワーク」続き「ゲーマー」

小説「テレワーク」の続き。「ゲーマー」です!読んでー!読んで!読んで!読んで! https://estar.jp/novels/25668150/viewer?page=3&preview=1

消防総務課と現場

消防総務課は夜遅くまで働く。現場は悲惨な死に目にあう。どちらも高エネルギーだけどその2つはまったく同じものだと言いたい。休みが欲しい。給料が欲しい。見つめても見つめても影が折り重なるだけ。あらゆるモチベーションが完全にトレードオフされている…

小説「テレワーク」続き

小説「テレワーク」続きです。 https://estar.jp/novels/25668150/viewer?page=2

小説「テレワーク」公開中

久しぶりに小説を書きました。読んでね。絶対読んでね。 https://estar.jp/novels/25668150

地球を土足で歩いてはいけない。

この言葉は科学者に向けられたものだ。医者でもない。我々の中に医者を「人間」だと思っている人はどれだけいるだろうか。当て付けに「あいつは偉い」と思っていないだろうか。それでも医師はやっていけるかもしれない。それが人間の感情だと言えばそうだろ…

弁護士会について

昨日から「弁護士会」というものに疑問を感じている。「弁護士全体の意見を反映する」会なのだろうか。「弁護士会としてはこう感じている。」みたいな。「裁判官会」や「検察官会」がないのは、あるのかないのかわからないが、あったらあんまりよくないかも…

超弦論とE=mc^2

我ながらなかなか魅力的なタイトルだと感じる。超弦論の話を人にしようと思っても「そもそも相対性理論がわからない」というところに人は壁を感じてしまうのではないだろうか。最近は芸人さんでも「アインシュタイン」とかバンドでも「相対性理論」とか、そ…

アイゼンシュタイニオイド

望月新一教授の論文がプリムスに掲載されることになったのが4月で、5月に入ってから「飛躍がある」との反応が出た。望月教授のホームページを見れば論文が読めるが、ちゃんと読んではいなかった。というのも「紙の本で読みたい」との思いからプリムスの雑誌…

クインティックシックスフォールド

現在の物理の枠組みと言えばクインティックスリーフォールド。5→3→4の枠組みと言える。だが現実問題リーマン予想が解かれていないので「2」自体もそもそも何だか分かっていない状況だ。自然数、素数、複素数、整数、有理数、冪根などを使ってなんとか関数を…

パンツの3つの穴はどれも等しい。

パンツの3つの穴は位相的にはどれも等しい。普段持っているパンツを120°回して見て欲しい。そうすると腿を通す方が上にきて腰を通す部分が少し大きな穴だけだということに気づくだろう。つまりパンツの3つの穴はそれぞれ「右脚」「左脚」それと少し大きな「…

あたりまえかもしれないけど金は無限に持ってる。

1と自然数を定義することで1^n=1を定義することができる。ここで1+1=1とすることができる。すなわち1+1=1^n。つまり2はこの演算を超越している。ここで新たな演算として「+」を定義することで1+1=『何か』を定義できる。この「何か」を『2』と表記することに…

三角関数ではデルタ関数を表現できない。

円積問題が否定的に解かれたことから。幾何的に2^2=4と単純にしてよいのか。イジングモデルとしてしかπを表現できないのでは?つまりトーラスとしてしか。つまりe=πである。ここからピンチング弦条件により1+1=△=3である。

ϑリンクと放爆構造

望月教授が宇宙際タイヒミュラー理論を説明する際、『「契約結婚」のようなものだ。』といった話を読んだ。テレビの中にテレビがあってϑリンクを通して情報を交換し合うといった説明だった。ここでもうちょっと違った見方をしてみたい。表記にある放爆構造に…

完璧な弦理論は本質的なスペクトルであろう

標記の議論をするまえに私の好きな数学者の話をしたい。その数学者の名前を私はしばらく思い出せずにいた。なんとか検索したいと思ってその数学者が「砂漠で生まれた」というような文献を見たことを思い出した。その数学者がアメリカの数学者だということも…

ホログラフィー原理とくりこみ

このふたつが何か共通の交換式のようなもので表せる気がしているのは私だけだろうか。あるいはそういった論文がもうあるのかもしれない。私が解するところによるとホログラフィーは「ブラックホールの中での出来事はブラックホールの表面に表れている」とい…

太鼓の形を聴くことが出来るか

統計力学と境界問題である。ぼくらはたいこ。リムは人。自分が緩んでるときは誰かを「鳴ってほしい」だけどなかなか思ってるようには人の顔にはその人の気持ちは表れない。だって僕が生きてきた環境とはまるで違う。その人が苦労してるかどうかなんてわから…

二階述語論理。カオスアトラクターと美食探偵の巡礼。

∃=→ ∀=→ 一階述語論理 ∃→ ∀→ 命題論理 → 公理を持たない。空な公理集合を持つ。公理集合は空集合を採用する。 ZFC(Zermelo-Fraenkel set-theory with the axiom of Choice) バナッハ=タルスキーのパラドックスの考えるにあたってやはり気になるのはフラ…

速度は「粘性」か。光速の粘性とは。

速度は粘性か。 →粘性を伴わない速度はない。 →速度は粘性である。 空気中の移動が粘性を伴うのはいうまでもない。問題は「光速で移動するもの」についても「速度は粘性である」と言えるかどうかだ。アインシュタイン計量の中を進む物体は絶えず時空を変化さ…

コカイン、カート、植物人間

ドラッグストアーの駐車場に植えられた双子葉低木を見やる。温和な気候に照らされて幸せを謳歌しているように思える。まるで植物たちの理想であるかのように。タイガに生えるイトスギ、ギラギラの太陽に照らされたクロツグ。彼らは笑って見ているだろうか。…

‪確率は粒子である。

‪確率は粒子である。計算のため0からわずかにずらすことによって微分と積分-つまり確率測度〜スペースライクなファインマンプロパゲータ〜が発生する。‬計算するには当然、重い粒子=重い確率を動かさなければならない。原子核だけに限らず重い状態に束縛さ…

π=eを導く

我々の視覚は今のところarctangent2によって90°に蓄積される一般相対性理論から導かれる量子論の1体問題に帰結されている。デルタ関数を数学は認めていないが、我々の前方は無限に大きな∐であるとする。すると今まで拡張されていた線織面開核作用素は「肺」…

ラングランズプログラムというよりは「1,2,3,4次元連結手術」

題の実験は成功したように思える。決め手はLEDに照射された「φ^2」『ファイ-ダブルスラッシュ//』DNAを2の羃でDNA広葉樹木で増殖し、個体の記憶に基づいた素右左環にて記憶特異点を重力問題に帰結する。あとは「てこ」を用いて重力を縮小し、2体問題に帰結さ…

夢は地球選抜

以前にも書いたが太陽を2つ繋げればエントロピーの問題はなくなると思う。太陽と太陽が呼吸し合うということだ。宇宙ステーションのガソリンスタンドを繋げてもう1つの太陽まで辿り着けば、そこに地球の軌道を乗せることは容易だろう。必要ならば月も軌道に…

蔗糖は歯に良いのか悪いのか

蔗糖は歯に良いのか悪いのか。我々は将来に渡り遺伝子のあり方を考えなければならない。私で言えば、蔗糖は体によい。糖質を蓄えておく性質は現代にあって不用になったわけではない。現に体重の変動は環境の変化により急に必要となるべくして起こる。自然と…

松と恐竜は同種?↑↓友達?←→である。

河魚は動物である。つまりより心をもっている。「河」≃世界、「川」≃日本。といったところか。海魚は本能的であり、より植物に近い。幾何的紋様を描く事が多いだろう。どちらにせよ杉、岩が描いた「死」の中にいるのではないか。岩は我々人類が最も変形させ…

幾何の粘性

真上を向いたまま星に喉を開ける椰子。松の雪印。杉の△はしゃがむことなく排尿し、余計な幾何を排除したアンモナイトをその目に宿す。但し直接は自己の子ではない。松は立ったまま靴下を履く。北海道。その中に自己の子を丸め込むは杉の視点からは見えている…

私が数学の問題を解けたのはトマトの肩に乗ったからだ。

ピボットワインバーグ角. 東京の消防団、伊東.

亀山郵便

500万円の中古の2tトラックでガソリンを配達する場合、少量危険物使用届の量は顧客の1日の量が1日に平均届け出る受付のカウンターに積む量となる。これを管理する場合、明細出力、明細入力し、売り上げを10万以下に換算し、体力の調整を図る。1日の顧客でな…