空き家解体ボランティア

空き家の解体はボランティアで行い、その資材をトラックで運び、空き地に保管しておくトラックと空き地があれば、そのリサイクル資材を使って、新たになにかの建築物または動産を設立することができるのではないか。その設立する建築物または動産は自己のために作成するものでもいい。常識的な使い方をしていてもままならない、瓦を壁に使うこともできる。