地平線、建物の壁

一斉に生きてる。人間も、動物も、植物も。吐く息が無駄なんて誰が言った?むしろ奪うぐらい貴重なもので。一斉に在り続ける。生まれるのは流体の在り方。勝った負けたとはいっても。吹き出すマグマ。岩石と岩石がぶつかった。ブラックホール。心臓。われわれは中の中まではみえない。在り続ける。流れ続ける。裁判もそのためのものだ。いっとき時が止まったような気がする。だけど流れ続けるためのもの。負債がある、債権がある。そんなものは流れるためのものだ。人間も、動物も、植物も。地平線、建物の壁。谷が割れ、大地が溢れる。賢いとはこれらすべてで勢いのある体を為すもの。建物の壁もわれわれは超えていないではないか。法とは本物の流体力学である。吐く息の魂が宙に舞う。呪い、なのかもとも思う。一向に毒は在り続ける。漂う。まるで魂だけが生きているように。構成物は二酸化炭素、なのかもしれない。腐った有機物かもしれない。