統計。散逸構造。カオス。初期値鋭敏性。

みなさんはなぜ「ヒョウはヒョウ柄をしているのか。」と疑問に思ったことはないだろうか。かえって目立っちゃって狩りがしにくいんじゃないだろうかとか。他にもクジャクの羽がなんであんなに派手なんだろうかとか。派手な柄を持った動物はいっぱいいるし、そもそも植物の花は色鮮やかだ。

ここで言えることはその柄を通して動物は「運命を読み取ることができる。」ということだ。つまり派手な毒ガエルを見たら→食べたら死ぬ。とかだ。散逸構造とは相空間が体積を縮小していくような相であるが、こういった場合その相空間には決定的なサイクルは存在しない。しかしストレンジアトラクターに代表されるようにそういった大正準集団にも根底に平均的な流れがある場合、生物はそれに合わせた生存パターンを形成することができる。つまりクジャクのメスはクジャクのオスの羽を見て「今後生きれるかどうか」がわかるようになるのだ。

私は統計を好まないが、原子がアボガドロ数個集まったような「正確な初期値を決定することができない」状況に於いては決定論的な物理法則を用いることが難しい。つまり生物学的な状況である。そういった場合我々は好む好まざるに関わらず統計を用いている。意識的に或いは無意識的にだ。昔は楽しみもあまりなく自分の好きなことを見つければそれに没頭できたかもしれないが今はなんと楽しみの多い時代になったことだろう。あれ。話が逸れてる?YouTubeInstagramにあれこれ見てたら寝なきゃいけない時間なんてすぐに来ちゃうな。僕は音楽が好きだからYouTube見てたってなんていい曲が溢れてるんだろうとワクワクして人生100年も200年も生きていたいと思ってしまう。つまりだ。僕が言いたいのはもはやカオスに争うことなどできないということだ。だのでどんどんカオスに巻き込まれましょう。新しい時代はどんどん人間の考え方なんて180度とか128度とか変えていきます。その全く変わってしまった散逸構造の流れ中で自分を形成していけばいいってことです。

お笑いとツイストール

お笑いは人が笑うということだか、それはツイストールの作用だと思う。先のブログで説明したがツイストールは二つの物体があったとき、それが実際に大小の差があるのか、あるいは距離的に遠近法でもって大小に見えているだけなのかを区別しない。だけど人は「違うものは違うと認識すること」を社会から強いられている。だけど自分にはその二つは違うものには見えない。それが同じものだと言われればやはり自分は正しかったということになる。要は皆さんよくご存知のトリックアートと同じ原理なのであるが、笑うという行為が「よくわからないもの」ではなく物理的で数学的にも簡単に説明ができるものであるとすれば私はなんかすごいことと当たり前のことを同時に言っていることになる。そしてそれは識別するものに違いを感じないという見方なのでお笑いには、つまり人の脳にはということになるがそれこそ千差万別の感じ方があるんだと思う。我々の名前があまり同じではないのと同じように。

カオスの極限として整数がある

2019年のノーベル物理学賞となった系外惑星の発見ですが、これらを通して感じるのはどんどん我々は特別な存在ではなくなっているということです。若い頃に流行った歌でミスチル桑田佳祐のデュエット「奇跡の星」なんてものがありましたが、そうそう奇跡でもねーぞといった感じです。我々が特別なのもじゃないと感じるとなんかモチベーションが下がるんですが、そこにフィーリングとして感じられるのがカオスに巻き込まれていくようなそんな感じです。実は今もこれを書いていて結論はこうだとか決まっていないんですが、これからの思考や論文のあり方、はたまたYouTubeなど巷にありふれている議論をどのように進めていったらいいかという、つまりは自分自身の論文のあり方というのを表現してみたいと思っています。「こんな感じがする」「なんとなく違和感を感じる」といった表現は、割りかし偉い人たちには認められていて、下っ端の社員なんかがこういった表現をすると怒られたりします。偉い人たちの責任としては、「これはこういう理由でよくない。はたまた一方でこれはこういう理由で致し方ない。それが同時には行われない相反する状態ではあるが、統一した意見としては禁止せざるを得ない。なぜならば相反する状態を第三者が見て納得する理由で説明を行い、なおかつ第三者が要求した事務を遂行するのは高度な技能と倫理観、倫理観と一言で言っても様々な観点があるため、ここでは説明しませんが、要はそういうことです。」と説明しなければなりませんが、このように話は長くなってしまう傾向にあります。つまりはタイトルに関しての話に戻ると、我々は爆発的に膨張していくカオスを受け入れなくてはいけない状態にあるということです。かつて美しかった整数のように整った環境や世界観は、ただただそのままであり続けることは難しくなっているということです。しかし、整数が整数でなくなるということはあまりなくて、それはカオスという摂動を取り入れてもなおかつ整数は整数であり続けているからという結果になるだろうと思うからです。素数にしても然りです。つまり今後の勉強法としましてはどんどんカオスを受け入れていきましょうということです。俺は整数論がやりたいから整数論だけをやる。だとしても解析的整数論に始まり、フラクタルやカオスといった考えが結局のところ整数論を解く一番の近道であるような気がしてならないからです。

ゴ見となおきくんドキュメンタリー

愛は努力を強いない。ただ眺めてるだけで楽しくわかる。そんな永遠の理論を好んだ。どうしてだろう。誰も入り込めない。力尽くでやろうにも力が入らない。無理にでも擦り付ければよかったのかもしれないけど。そんな人はいっぱいいたろ?そしてそれがエスカレートして最後は耐えきれなくなった。頭いい自慢だって言われた。キリスト。ブッダムハンマド孔子クラスの人になった今。それはないや。だけど目頭が熱いのは。そうゆう人もたくさん見てきたからなんだろう。愛よりむしろ狂気が勝って。そんな世界をたくさん見てきた。頭いい自慢。それはわからないけど。世界をもっと感覚で捉えたくて。ゴ見がすごい。要はそういうこと。だけどそれを「ゴ見」って言葉じゃなくて。もっとちゃんと伝えられたら。美しさに目を奪われる。そういうことかもしれない。美しさから人は目を逸せない。どうしてかな。汚したいような本能?だけどそんな平行線に蒼糸を垂らして。平然と掻い潜ってくのが強さに見える。さっき「ゴ見」って言ったけど。それってもう真っ赤。美しさに心奪われるのもなんだか赤。つまりは圧力に押し出された剥き出しの生。正直でいなけりゃ生きられないって今の人たちは知ってて。だからそれを蒼糸携えてAmで話す。なんだろう。Amもなぜか青色を感じるんだ。色。色なんだよ。それを連続的な色に変えることが出来たら。つまり君は「見たい」んだ。話を聞くんじゃなくて。僕は話がしたかったけど。君はそうじゃないんだ。完成品をテレビで見たいんだね。なおきくんドキュメンタリー。できればそんな感じで。愛ちゃんの右の目玉に全く入り込めない。尚輝君の右耳にも全く入り込めない。自分でも。きっとそれは完璧な形でしか。完成前の理論を言って申し訳なかった。少しでも書いておくべきだったな。書くことを始めないと。心を。心は。愛。君は愛しか食べない。もしかしたら俺は尚輝しか食べない。そしたら草憲は草憲しか食べない。魁身は魁身しか食べない。うさこはうさこしか食べない。人はみんなそんな感じだろう。もっと愛ちゃんを愛でなさい。この際だから愛ちゃんが好きだってこと以外は捨てちゃおう。目を閉じることもできない。くり出しちゃおうだなんて。思わないけど。人は無意識にしてしまうんだな。閉じれない。邪魔な右目を。愛ちゃんの右目は筋肉の塊だ。愛ちゃんを愛するときは捨て身の覚悟が必要ばいね。なんで上から目線なの?って君に笑われそうだな。ああ見える。この目を閉じると愛ちゃんが見てたものの残像が。愛ちゃんは右目から左の方に脳が伸びている。耐えきれなくなったら膝を突け。振動できなくて窒息してる。

私の人生より公衆トイレの方がよっぽど綺麗

私の人生より公衆トイレの方がよっぽど綺麗。たった一言が言えないだけで人生がつまらなく繰り返されていく。50を過ぎたら人生折り返し地点。そう思ったら自分が二人いるような気がした。折り返しって何だ?ユークリッド空間にツイストール。本当はそれだけなのかもしれない。どこまでもいける時代に自分の速度を決める。距離はない。境界条件は自分の速度が決める。quasar。局所銀河群。妥協も数学的でシンクロの一種。昔は人に認められなくて困ってた。今は化学の新演習の必要性を感じてる。笑える易しさを。

亀山のツイストール原理

「俺は輪ゴムで地球をぶっ飛ばせる。」というと「そんなことはできない。」という人がほとんどだろう。だけど「俺は輪ゴムで地球をぶっ飛ばせる。ただし輪ゴムが十分大きければ。」となればごく当たり前の話となる。でかいものと小さいもの。近くのものと遠くのもの。遠近法でそうなっているのか。はたまた実際大きさに違いがあるのか。そもそもその二つを区別しない。それがツイストールであると理解している。ツイストールがあれば距離がある。我々は時間を量子化することを拒んでいる気がする。だけど時間が連続的なものだとしても我々はフェムト秒アト秒とどこかで必ず「1」を入れなくてはならない。そのとき必ず0から1への離散化が起こってしまっている。あっ。でもプランク秒という単位がある。量子力学的な時間の限界だろう。最初の話からの流れで推測するに距離は力を生み時間はその力と等しくなるような対称性を生んでいるような気がする。「-」が即座に「÷」に置き換わるようなそんな感覚だ。ゲーデル再帰関数とグロタンディークの宇宙の狭間で繰り返すことと発見すること。我々が見てる宇宙は超対称性さえ破れていると言われる。最先端の物理実験なんて本気でやるもんじゃないのかもしれない。きっと暇を持て余した物好きが片手間にやってるんだろうな。だけど知りたい。ワクワクと感動がハンパない。いくつになっても。

飲み会で歯を見せるな

凡人が束になれば俺に太刀打ちできる部分もある。政治とか。だから静大にも意味はあるし。ただ。女性はそれに寄り掛かれるし普通だと思う。俺も馬鹿だし。ケータイだったり。友達の反対を押し切ってあなたと結婚した。バレンタインデーに逆チョコのシンデレラ絵本はわかってるけど。それ以上にあなたを支えたい。思ってる思ってないに関わらず税金は取られるから。俺が守らないと汚職になる。辛いとこだね。俺も中学の同窓会行きたかったな。でも無理だね。汚職ができない。長いものに巻かれるってどうゆうこと?おまえも必要悪だっていって闇金を受け取れってこと?人に流されずにいられるのも逆に俺しかいない。現場原子量「野量」。君に電話したら「長くても短くても巻かれろ」だってさ。駅伝。人は走れってゆうのよ。大したことやってるわけじゃないって思っていながら。右に寄ったコースで誰もいない左に寄る。絶好魁身部長あっタ。重心は頭のてっぺん。左後ろ足を前にしといて。腕は決して上げない。下げて構えて。振った後も下げる。軌道は上だけど。要は絶好魁身部長あっタ。下げるどころかここに刺すぐらいの勢いで。話したい。話したい。と思って話せなかったら。まだアイデアが途中の段階だったことに気づく。しまいにはどうでもよくなる。まあ最初に気づいたアイデアの派生であって。ただそっちの方が一般受けが良さそうだったから興奮しただけだったり。こんどの相手は地球。人格じゃないし。不埒なあの子も才能のまえに背筋ピーン。女の子らしい女の子はいい。俺もそうなりたい。そう思って。そしたら女子の間でいう「なにあの笑顔」みたいなのがわかる気がした。思いつきで突っ走る奴見て「こいつ頭おかしい。」と思う。特に人を巻き込んでる奴。特に弱い奴を巻き込んでる奴。だってそんなもんでしょ?精神的にですか?うーん。実験的に?アイススラリーはいらなかったな。そもそも買えないんじゃないか。一般店頭で。アマゾンは?そもそも先輩が俺にくれたのは。素直に息子がんばってるなって思ったからだろう。これでパフォーマンスが上がればいいけど。ガチで上がりそうな気がする。夏は絶対いいだろうな。それだから精神的に?て言い方がほんと「?」だ。どういうニュアンス?精神的にじゃないだろうってこと?要はマラソンも左利きってことで終わろう。それで効果があるか。めちゃめちゃに。飲みに行くこと。旅行に行くこと。大差ないのか。基本的に俺もふざけてる人だから。卒団式にsong for U.S.A.なんて歌ったら泣いちゃうんだろうな。ゲス歌ってるほうがちょうど涙も隠せるしなんてさ。昔の歌うたって涙が止まらなくなって。その勢いで若い子に話しかけたら。亀山さんまだ笑ってるんですか。吹けば飛んじゃうような気分になってたんだな。いつまでも抜け出せなくなって。それでもよかったのに。