大学受験

大学受験はその学校の考え方を学ぶ。つまりウチの大学に欲しいのはこれができる人材だということを。それがコンパクトにまとまったものだ。コンパクトにまとまっているので見やすい。ある意味で大学はすでに「企業」なのだ。僕としては自分のやりたいことができれば大学なんてどこでもいいが、企業にとってはそうではないのが明らかだろう。だって利益を出さなければいけないのだから。そして利益のことを考えるとたいてい人の夢は萎んでいく。小4の僕の次男は今バスケに夢中だか、僕はバスケは自分がやるものだと思っているので、彼にとっては言うまでもないが、スポーツは自分がやるものなのだ。悪いけどオーディエンスで楽しめるのは「それをパクってやろう」という気があるからでしかない。話は逸れたが、大学受験で最も目安となっているものに偏差値がある。偏差値で言ってしまえば東京大学が日本では1番だ。自分で会社を作るのと企業で働くのは違うとは思うが、基礎体力という意味では東大ぐらい入れた方が一応いいと思う。それにしてもバスケやりてー。

スナック

前の結婚ではスナックにちょくちょく行き出したのが離婚の引き金になった。ほんとの原因はもっと根深いところにある気がするがここではそこはあえて言わない。「スナックにちょくちょく行き出したら離婚された」そうゆうことにしておこう。スナックもスナックで「どんなハマり方をしてたのか」でまた原因が変わってくると思うが、そこもあえて割愛してみよう。今の妻とは居酒屋によく行くし、それ以上にカラオケにも2人で行く。ただ最近スナックに行きたい。もちろん夫婦二人でだ。店員は男でも女でも構わない。ただ誰か第三者がいてカラオケもある場所に行きたい。妻は酒も飲めるし私は酒は飲まないが雰囲気を楽しみたい。妻はどちらかというと行きつけの居酒屋に何度でも行きたいらしい。私は居酒屋は居酒屋で美味しい料理があれば「あそこ美味しかったね」でしばらくは行きたくもない。つまり「食べ物」にはさほど興味はないのだ。私は。妻はけっこう食べることが好きらしい。ラーメンも大好きでお一人様でも食べに行くくらいだ。お一人様でゲーセンでパチンコをやってメダルを稼いでメダルゲームも楽しいようだ。私はそこら辺がかなりピンとこない。だって食いもんは所詮食いもんだしメダルゲームメダルゲームじゃん?いや。メダルでなくても現金の方にもほぼほぼ興味がない。妻はお金にはけっこうシビアだ。それで私は「助かっている」と言わざるを得ない。私はお金はあればあるだけレジャーに使ってしまうのだ。妻もスナックに行くことはダメとは言っていないが、「だってスナックは高いけん」と言う。ごもっとも。私はたまにはオシャレなバーにでも行きたいが、妻はバーにもカフェにも興味がない。「化粧するのが面倒くさい」という。いやいや。別にオシャレなバーやカフェにすっぴんで行ってもいいではないか。君はキレイなんだし。なんかのろけちゃったな。妻は自分がかわいいのは自覚しているが、もうナンパされるのはこりごりなんだそうだ。スナックも若い店員さんよりもおばさんがいいらしい。若い子に褒められても絶対嘘だと思うらしいが、おばさんに褒められるとほんとだと思うらしい。私にはわからない。ぶっちゃけ店員は若い子がいいが、若い子が薄っぺらいか薄っぺらくないかぐらいはわかる。みなさんどうなんでしょうか?

ネーター環

数学においてネーター環(ネーターかん、英: Noetherian ring)は、イデアルの昇鎖条件などのある種の有限性を持つ環の一種。エミー・ネーターによって提唱された。すべてのイデアルは有限生成という条件から単項イデアル整域の一般化と見ることもできる。

環に対して、以下の 3 条件は同値である。

(昇鎖条件):左イデアルの任意の昇鎖列は有限回で停止する。
(極大条件):左イデアルの空でない任意の族は包含関係に関する極大元を持つ。
(有限型条件):任意の左イデアルは有限生成。
これらの条件のどれか一つ、従って全部を満たす環は左ネーター的であるあるいは左ネーター環であるという。「左イデアル」を全て「右イデアル」に置き換えても同様のことが成り立ち、右ネーター環が定義される。左ネーター的かつ右ネーター的である環は両側ネーター環と呼ぶ(単にネーター環と呼ぶこともある)が、考えている環が可換環であれば左ネーター環あるいは右ネーター環は自然に両側ネーター環となる。ゆえにネーター的可換環は単にネーター環と呼ぶ(左右の区別が明確であって誤解の虞のない場合には、左ネーター的あるいは右ネーター的であることをネーター的と省略して呼ぶこともあるので、ネーター環という用語が必ずしも可換ネーター環を意味するものというわけではない)。

判定条件としては、任意の素イデアルが有限生成(コーエン)がある。

環論(かんろん、英: ring theory)は(加法と乗法が定義され、整数の持つ性質とよく似た性質を満足する代数的構造である)環を研究する学問分野である。

数学において、零行列(ぜろぎょうれつ、れいぎょうれつ、zero matrix, null matrix)とは、その成分(要素)が全て 0 の行列。O あるいは 0 と記述されることが多い。


また、下付き添字によって行列の型を明記することもある。


自明な線形変換である零作用素を表す行列であり、正方行列の場合には行列環の零元を与えている。

以下、l, m, n は任意の自然数とする。

m 行 n 列の零行列 O と m 行 n 列の任意の行列 A の和は A + O = O + A = A となり、差は A − O = A, O − A = −A となる。
l 行 m 列の零行列 O と m 行 n 列の任意の行列 A の積 OA は、l 行 n 列の零行列となる。
l 行 m 列の任意の行列 B と m 行 n 列の零行列 O の積 BO は、l 行 n 列の零行列となる。
これらのことから、n 次の正方行列全体のなす環を考えているとき、零行列はその零元になる。

数学の特に線型代数学における線型変換(せんけいへんかん、英: linear transformation、一次変換)あるいは線型写像(せんけいしゃぞう、英: linear mapping)は、ベクトルの加法とスカラー乗法を保つ特別の写像である。特に任意の(零写像でない)線型写像は「直線を直線に移す」。

抽象代数学の言葉を用いれば、線型写像とは(体上の加群としての)ベクトル空間の構造を保つ準同型のことであり、また一つの固定された体上のベクトル空間の全体は線型写像を射とする圏を成す。

「線型変換」は線型写像とまったく同義と扱われる場合もあるが、始域と終域を同じくする線型写像(自己準同型)の意味で用いていることも少なくない。また函数解析学の分野では、(特に無限次元空間上の)線型写像のことを「線型作用素」(せんけいさようそ、英: linear operator)と呼ぶことも多い。スカラー値の線型写像はしばしば「線型汎函数」もしくは「一次形式」(いちじけいしき、英: linear form, one-form; 線型形式; 1-形式)とも呼ばれる[注 1]。

数学において、環論(かんろん、英: ring theory)は(加法と乗法が定義され、整数の持つ性質とよく似た性質を満足する代数的構造である)環を研究する学問分野である。環論の研究対象となるのは、環の構造や環の表現(環上の加群)などについての一般論、および(群環、可除環、普遍展開環などの)具体的な特定の環のクラスあるいは理論と応用の両面で興味深い様々な環の性質(たとえばホモロジー的性質や多項式の等式)などである。

可換環は非可換の場合と比べてその性質はよく調べられている。可換環の自然な例を多く提供する代数幾何学や代数的数論は可換環論の発展の大きな原動力であった。この二つは可換環に密接に関係する分野であるから、一般の環論の一部というよりは、可換環論や可換体論の一部と考えるほうが普通である。

可換環は可換の場合と比べて奇妙な振る舞いをすることが多くあるので、その理論は可換環論とは極めて毛色の異なったものとなる。非可換論は、それ自身の独自の方法論を用いた発展をする一方で、可換環論の方法論に平行する形で(仮想的な)「非可換空間」上の函数環として幾何学的な方法である種の非可換環のクラスを構築するという方法論が新興している。このような傾向は1980年代の非可換幾何学の発展と量子群の発見に始まる。こうした新たなパラダイムは、非可換環(特に非可換ネーター環)のよりよい理解を導くこととなった (Goodearl 1989)。

 

 

若干のバーコード

香りがそういう雰囲気なら

コーヒーの香りはいい香り

何かを紛らわせたような

一緒くたにして飲み込んだような

普通の人なら筋トレや趣味で

昇華させるしかないような気持ちも

飲んじゃおう

いっそ飲んじゃおう

大きな声で笑うための歯なら

銀行員のやっくんは

出世して

より大きなお金を動かせるようになって

やりがいを感じているようだ

役職につぶされかけてる達っちゃんも

やりがい

てか同僚の文句ばっか言ってる

運動全くしてない

若干のバーコード

辛いものには命がかかってる

胃に来るのは相手のストレス

かわいがってももらえないし

一緒くたにして

頭の中

人なんて見たくないから

頭の中

生やしてこう

医やしてこう

そんな瞬時に髪型変わる

草憲

ピストン運動しかしてないっすよ

みんな同じになるように

世界の亀山モデル

みんなたばこふかす

おおきな声で

京の髪

みんな腹を切る

行列解析(英語版)は、古典的な解析学における微分や指数関数の概念を高次元へ一般化するものである。

数学の線型代数学周辺分野における行列(ぎょうれつ、英: matrix)は、数や記号や式などを行と列に沿って矩形状に配列したものである。行の数と列の数が同じ行列は行列の和(英語版)が成分ごとの計算によって与えられる。行列の積の計算はもっと複雑で、2 つの行列がかけ合わせられるためには、積の左因子の列の数と右因子の行の数が一致していなければならない。

行列の応用として顕著なものは一次変換の表現である。一次変換は f (x) = 4x のような一次関数の一般化で、例えば三次元空間におけるベクトルの回転などは一次変換であり、R が回転行列で v が空間の点の位置を表す列ベクトル(1 列しかない行列)のとき、積 Rv は回転後の点の位置を表す列ベクトルになる。また 2 つの行列の積は、2 つの一次変換の合成を表現するものとなる。行列の別な応用としては、連立一次方程式の解法におけるものである。行列が正方行列であるならば、そのいくつかの性質は、行列式を計算することによって演繹することができる。例えば、正方行列が正則であるための必要十分条件は、その行列式の値が非零となることである。固有値固有ベクトルは一次変換の幾何学に対する洞察を与える。行列の応用は科学的な分野の大半に及び、特に物理学において行列は、電気回路、光学、量子力学などの研究に利用される。コンピュータ・グラフィックスでは三次元画像の二次元スクリーンへの投影や realistic-seeming motion を作るのに行列が用いられる。行列解析(英語版)は、古典的な解析学における微分や指数関数の概念を高次元へ一般化するものである。

主要な数値解析の分野は、行列計算の効果的なアルゴリズムの開発を扱っており、主題は何百年にもわたって今日では研究領域も広がっている。行列の分解は、理論的にも実用的にも計算を単純化するもので、アルゴリズムは正方行列や対角行列などといった行列の特定の構造に合わせて仕立てられており、有限要素法やそのほかの計が効率的に処理される。惑星運動論や原子論では無限次行列が現れる。関数のテイラー級数に対して作用する微分の表現行列は、無限次行列の簡単な例である。

 

CRPを標準値や他の患者の値と比較することはあまり有意義ではなく、一人の患者の経過を観察するために有用な指標といえる。ビタミンC投与でCRP値が低下するとの報告がある[1][2] マグネシウムの摂取量とCRP値には逆相関の関係があるとの調査研究がある[3]

C反応性蛋白(-はんのうせいたんぱく、英: C-reactive protein)は、体内で炎症反応や組織の破壊が起きているときに血中に現れるタンパク質。肺炎球菌のC多糖体と結合するためこの名がある。CRPと略称される。C反応性蛋白は細菌の凝集に関与し、補体の古典的経路を活性化する作用を有する。

C反応性蛋白の産生量は炎症反応の強さに相関するため、血清中のC反応性蛋白を定量して炎症反応の指標とすることができる。すなわち炎症が強いほど血清CRP値は高くなる。日本においては血液検査においてごく一般的に計測される。細菌感染では上昇しやすく、ウイルス感染ではアデノウイルスなど一部のウイルス以外ではインフルエンザウイルスのように強い発熱を発症するものでも上昇は軽微である。つまり、通常の感冒では上昇しないことが多い。

同様の疾患で同程度の重症度の場合でも、CRPの上昇の程度には大きな個人差がある。そのため、CRPを標準値や他の患者の値と比較することはあまり有意義ではなく、一人の患者の経過を観察するために有用な指標といえる。

また、細菌性感染の炎症開始から6時間程度は上昇せず、反応が遅い。炎症早期の指標としては白血球の左方移動、白血球数増加が有用となる。また、日本以外では炎症の指標として一般的に用いられること自体が少なく、英語論文における指標はもっぱら白血球に依存している。

正常範囲 0.3 mg/dl以下
軽い炎症などが検討される範囲 0.4〜0.9
中程度の炎症などが検討される範囲 1.0〜2.0
中程度以上の炎症などが検討される範囲 2.0〜15.0
重体な疾患の発症の可能性が検討される範囲 15.0〜20.0

高値を示す疾患編集
感染症(細菌性・一部のウイルス性など)
自己免疫疾患(関節リウマチなど)
悪性腫瘍
外傷
心筋梗塞 狭心症では数値はさほど上がらないとされる。
その他、炎症を起こす疾患(胃炎・腸炎など)。
炎症反応の指標としては他に、赤血球沈降速度なども用いられる。

ビタミンC投与でCRP値が低下するとの報告がある[1][2]
マグネシウムの摂取量とCRP値には逆相関の関係があるとの調査研究がある[3]