ZAMOテンソル

ZAMOテンソルアインシュタインテンソル。あなたから見た景色は。誰も計算することはできない。見えたこと。好きな相互作用。ヒッグス場。重力子場。ダークマター場。ダークエネルギー場。一般化宇宙項。3次元膨張宇宙の出現。重力(重力定数(万有引力定数)を1とする)はm1m2/r^2と質量(E=m(光速を1とする))の2乗に比例し、発散の度合いがひどいため、無限小の点ではなく長さを持った線を考えることによって有限の長さを考えることができ、この線の異なる振動により、違う粒子を表現することができる。一方、量子は波長が短いほどエネルギーが強い(つまり質量が大きい)。超伝導場。光子が縦波を持って質量を持つ。光子が質量を持つタイミングとウィークボソンクオークレプトンが質量を持つタイミングは違う。つまり室温超伝導は光子が質量を持つ→室温超伝導はそこらじゅうで起きている。つまりこの宇宙には部分部分違う真空が存在している。違う条件で(例えば圧力や金属などの化合物)超伝導が実現される→ダークマターも銀河により違うメカニズムで生じている可能性もある。ディラック方面の質量(弦理論、膜理論など)は宇宙の大きな構成要素だと思うが、場の重ね合わせによって質量が生じていると考えれば宇宙は唯一無二のものではなくテータリンクによって宇宙が(その場の真空)決定されると考える方が自然ではないだろうか。こう考えると異なるヴァージョンの弦理論は否定されずに考えられる以上(少なくとも今現在は)誰かの宇宙として全て存在するものなのだ。5つや6つ程度ではなく無限にあると考える方が自然であり、あなたの弦理論が自然な(一般的な計算可能性を持つ)並びだとは限らないのだ。ブレーンワールド同士の衝突と考えるとダークエネルギーが注入され続けている理由が説明できるかもしれない。速度=光子間のシンクロトロン放射=吸収のように。

シュレーディンガー方程式⊂ クライン-ゴルドン方程式⊂ ディラック方程式

シュレーディンガー方程式⊂ クライン-ゴルドン方程式⊂ ディラック方程式。重い元素の第一原理計算。セリウム。ウラン。そこらじゅうで相対論的温度に達しているのに。シュレーディンガー方程式が基本なんて僕らは宇宙への扉を閉ざしてるんじゃないか。ディラック方程式じゃなくシュレーディンガー方程式が基本であることが僕たちをテータリンクの交差点から遠ざけている。原子力も多くの国が扱えるエネルギーとなってきている。ダークマターへの歩みも停滞させてしまっているハドロン周辺の規制が原因なら前向きに話し合わなければ平和を生み出さないのではないだろうか。「頼むよ。ぶっ放すなよ。」としか言えない時代になってきているのだ。人と人は。

酔っ払って多幸感に溢れてる昨日の酒臭いオフィス。

酔っ払って話し掛けたいだけ。景気づけにのんだら話せそうな気がするんだ。そのまま股座(またぐら)まで手が伸ばせそうな気がする。落ち込むよ。俺が拒絶されてるなんて知ったら。4050で話し掛ける方法を失った。あなたの能力のなさと俺の能力の高さはわかってること。それは子供と俺のあいだにまで。だから世界観を問われる。生き方も。死んだように陽に酔っ払った世界を。酔っ払って多幸感に溢れてる昨日の酒臭いオフィス。胃袋がもたれて熱くなりそうだ。仕事で飲めりゃ世話ねえな。だから仕事をひた隠しにし。いや。間違えた。だらしなく口から漏れる金の息をひた隠しにする。俺たちは繋がっている。だろ?公金でさ。俺は公務員としてパーティーはできねえな。ますます。会議の後のパーティー。仕事だ現地調査だと言ってお零れ。もしかしてそれが目的で政治家になりました?口頭でいったいなんの話があるのかわからない。親睦があるとないでいったい何の違いがあるというのか。

化学とくすりの余分な部分。くすりの余分な部分はほとんど人では?

化学とくすりの余分な部分。くすりの余分な部分はほとんど人では?開発をするために資金集めとして飴のように売り捌かれているそれと。命を足して引いて繋がってないのはただ金蔓として扱われているお年寄りと。無知識なまんま知っていることが優位と老害な。ケイタイのネットワークもほとんどはセキュリティーを維持するための開発費用で。大抵の人はただの金蔓としてコンテンツを貪っている家畜みたいだ。何を作り出したらいったい人は生きられるのか。それはただただ「品」であるようなものではなくなってきている気がするよ。問題は誰しもその「必要な品」を作れるだけの技量を持っていて、それによって人が争いあうことがなくなるようなすぐ後の情報過程とすぐ近くの成長過程なんだと思う。ただ言っちゃってすぐ後の情報過程に人はあまりにも飛びつくもんだから、その周辺や、やや上の方にある成長過程までもをへし折ってしまうところにあるんじゃないか。問題は。化学といって学生の頃はよく「電子の振る舞い」だと教わる。だからといってよく知らない人が想像するような単純な波動関数だけの量子力学でもって全部が解決するような電子の「足して2」と「引いて1」みたいな振る舞いだけではないのだ。つまりは「物質の階層」のようなものがあって、この場合は第一階層であるような量子力学が優位であり、またある場合には物質の形状による幾何学的な寄与や、マクロな集団としての流体あるいは粘性、アモルファスなどの物質特性の振る舞いが優位になるなど、ある計算はうまくいってある計算は破綻している。逆に言えば従来の理論が破綻している物質ほどいい物質なのだ。はっきり言って同じ一年生で大学に入って「あなたは物理学科であなたは化学科」というような同じスタートを切れるような横並びの学科ではないのだ。化学は。ここで冒頭で話したように新しい物質を作り出すことは金だの人の欲望にも直結していて非常に危険な学科であるのだ。下手に「センターオブサイエンス」だからといって飛び込むとパテントや経営といったハイエナたちに首も命も持っていかれてしまう。こういった諸々のことも含めて化学であるということをよく理解してほしい。

受験?or。見た目?

呼吸はゴム。宇宙の酸素を吸って何世代も生きる。ダメージは爆ける秒速8kmの飛翔体。翻って心地良いほど。宇宙を撒いて。飛翔体の道を作る。どこにでも巡る流れ。太陽もまた。もし超銀河団が離れても。驚くほど何もなかったとしても。命を失うほどではないよ。なにもなにも。生きてないものなど。腹に抱えて可笑しな笑いをした。ハワイの可笑しな葉っぱ。1+1+1+1+2+1+1+1=2だという。あまりに情報が失われてすぎていて現実に存在しない気がする。最後に自分がぽんと飛び出す。そんな答えに辿り着くのに30年も掛けられない。受験?or。見た目?

自分が化学物質を作れるからいいとは限らない。誰でもその化学物質を作れるようにならなければならない。むしろあらゆる化学物質を。それが宇宙で生きるということ。ある意味簡便な教え方。それこそが真の化学物質だ。ネット上論文投稿システムは投稿しやすく査読コメントが有難い。

たまご花火。徳川家出。

一歩確かに進んで。独り言が零れる。愛ちゃん確かに進んでるよ。あなた夢に近づいたの。私たちが歩んだ道は不確かで。下の味覚もフルクトースとしか感じられない。たまごちゃん。たまごでいることがセカンドベストみたいな。殻を破って涎が零れる。味の味覚が刺激されて。苦いレモンの臭い。どのみち宇宙に生まれたたまご。君の居場所はパラパラと花咲く空に現れたように。χはディリクレ指標。そんな君の関数。超可解。そこにあるものだけでなんでも作れるとなるとそれもこまる。そちらから見たメジャーとマイナー。受け止めて戻すような。何もないけどゴムみたいなやつ。増えたか減ったかじゃなく。何も変わってないけどその伸びがすばらしい。岩石は命を生むと。不思議とワープしてる。やんちゃものだと思ってたんだけどな。柔らかい内側と外側と。どんどん。

意味のある言葉って何?「マッハ」は「速い」と思っているということ。

意味のある言葉って何?「マッハ」は「速い」と思っているということ。マッハ数Maは流体の相対速度をU、音速をaとすると、Ma=Uaで求められる。一方、音速はκ を気体の比熱比、R を気体定数、T を気体温度、M を気体の平均分子量とするとa=√κRT/Mと表される。つまり音速は相対的なものであって宇宙には方向などの要素も合わせて同じマッハ数は存在しない。温度Tがゼロなら分子は運動エネルギーを持たず音速は0ということになってしまう。そんな意味でマッハ数は∞にも0にもなり得る。その中で我々は憲法に代表されるように誰にでも当てはまる言葉を文に収めながら経験則や数学の定理などのようにこちらも多くのものに当てはまる言葉を宇宙の言葉として収めながら思考を発展させてきた。だが現実の話、同じ言葉を話したところで状況やましてや気分によって受け取った「モノ」が違うのだ。状況だけではなく「人」によってもあるマッハ数を受け取った反応のマッハ数は全く異なるだろう。唯一静止場で考えればある連続値から連続的にマッハ数を変化させていき、マッハ数を比較して同じ値となったところを「同じマッハ数」だとみなすこともできるが、それにしても方向自由度を持たない静止場でのマッハ数での話である。つまり何が言いたいかというと、(話は全く飛んでしまうが、)ある人は「地球を粉々にしたい」と考えているが、またある人は地球を粉々にしたいとは考えていないか、あるいは地球を粉々にしたいが、おまえのやり方だとこちらはスッキリしないので俺にやらせてほしい。つまりいつも地球は粉々になっているということだ。なにかおかしなことを言っているだろうか。我々はいろいろなものを共有しているつもりでいるが、果たして共有しているのは実体のある誰にとっても共通のものであるのだろうか。地球は唯一無二の代え難いものだと多くの人が感じているが、事実は「世界は一本の直線上にあり、その順番は代え難いと感じていること」を本人の直感でいつも好き勝手に並べ替えているのだ。これがマッハ数延いては音速の正体であるように感じる。