責任感のNASA

科学現象を「まるで俺たちのようだ」と思ったり、「自分は王家の血筋だ」と思うのはほんとに自由。

責任感のなさ、その矛先はこちらに。ヘラヘラしてるの、ガタガタしてるの、責任感のなさは「キライ」という言葉に集約されていく、私を嫌いだって?キライという言葉がアイデンティティのなさになってしまっている。

パチンコリニア、木の実ナナ皮サンズエンジンカッター、大阪から京都、どちらか。

デバイ模型、アインシュタイン模型

超伝導状態を実現するためには、電子がペア(対)となって

ボソン化し、最低エネルギー状態に集団で凝縮(ボース凝縮とみなせる状態)する

必要がある。

BCS理論では電子-格子相互作用を介して

電子同士がフォノンを仮想的に交換(或いはフォノンを介して運動量を交換)する

ことによって、

(逆に)(遠くの)電子同士に引力が働くと考える。この引力によって生じる電子対(スピンは互いに逆向き、かつ対の全運動量がゼロ)をクーパー対(クーパーペア)と言う。金属では通常、

フェルミエネルギー>>デバイエネルギー

である。デバイ模型(デバイもけい、英: Debye model)とは熱力学と固体物理学において、

固体における、フォノンの比熱(熱容量)への寄与

を推定する手法である。

デバイ模型では、原子の熱による格子振動を箱の中のフォノンとして扱う。一方、先に発表されていたアインシュタイン模型では、固体を相互作用のない量子的な調和振動子の集まりとして取り扱う。

 

数百キロメートル以上離れた「なつ」

これはなにも南半球と北半球だけが季節を1/2二分してるわけじゃないことを指す。つまりは、同じ扉を出て行く「夫婦」だけが、「クーパー対」なわけではない、ということを示す。実際、保養地とされている夏の季節があるところが、日本国内の冬にも数百キロメートル置きにある、ぐらいのことを示している。

つまりカップルを選んでも、とても相互作用が低い低温低エネルギーの状態で響き合っている、ということだ。

この

引力

電子-フォノン相互作用によるもの

である。

フォノンは、

光子と同様に

生成や消滅をする

ことができ、

質量は存在しない。

一般的な量子力学のように粒子数が固定された系の波動関数フォノンを記述することは難しい。

われわれの「心で誰かを思うこと」これもフォノンだ。

BCSと付けられたこの

理論のモデル

によると

超伝導転移温度

比熱

などが、式により表される。

1950年には超伝導体の

同位体中性子数(質量数 A - 原子番号 Z)が異なる核種】で

転移温度が異なる

ことが発見された。→直感的にフォノン(格子振動)に超伝導の原因があるとし、研究を進めた。フォノンを媒介とする電子対ではエネルギーが下がる

ことを発見した。シュリーファー

 

超伝導状態を表す波動関数を導いて、

 

解明の土台を築いた。理論物理学においてボゴリューボフ変換(ボゴリューボフへんかん、英: Bogoliubov transformation)とは、

 

複数の異なる生成消滅演算子を混ぜて、粒子対(準粒子)を生成する変換のこと。

幾何学的2とは?

どちらか?

チェンソーごはんなんてたべられないだろ。腹のリニアの車輪は回ってないし、白刃取りチェンソーもダメ?リニアのEBの逆運動とかなんて。どちらの?貧見茨、たのしみの。すでに田舎、おめでたい。鬼胃酸。貧見茨、暴言さえ。おめでたい。腹のリニアの車輪は、回っているのか?回っているのか。白波取りダブルエンジンカッター、リニア位相。木の実ナナ皮サンズ、自由の女神。その足下の木の実ナナ皮サンズエンジンカッター。おや。

場の量子論を結晶格子に応用し、結晶中の振動を量子化したものがフォノンである。

振幅が大きくなる、つまり振動が激しくなることはフォノンの数が増えることで表される。

電子は負の電荷を持っているので

他の電子

反発しあう

が、

金属の

格子を構成する正イオン

引き付ける。

この引力により

イオン格子に歪みが生じ、

イオンが

電子に向かって

わずかに移動し、

付近の

格子の正電荷の密度が増加する。

この移動したイオンによる電子間の引力が、負の電荷による電子の反発を上回り、電子がペア(対)になることがある。

フォノンは正に帯電した格子の集団運動

であることが示される[4]。

対相互作用のエネルギーは10−3 eVのオーダーと非常に弱く、

対となる電子は

必ずしも互いに接近している必要はない。

相互作用は長距離であるため、

電子対は依然として数百ナノメートル離れている可能性がある。

この距離は通常、平均電子間距離よりも長い

ため、多くのクーパー対が同じ空間を占有しうる[5]。

クーパーは、金属内の電子間の小さな引力

により、電子の対状態が

フェルミエネルギーよりも低いエネルギーを持つ可能性がある

ことを示した。

このことは、

電子対が結合されている

ことを意味する。

数百キロメートル以上離れた「なつ」

岳南鉄道をリニアにしてもおもしろい

日本沿岸にレアメタルはあるみたいだし、空中に浮かせた岳南鉄道をガッタンとさせてみるのも、冷蔵庫のように冷やしたトンネルの上を高速リニア道路が通るのもおもしろい。ドローンで宅配便はやってるようだし、ブロッコリーの種苗を入れて、また続きのドローンには土を入れて、火星にもその技術は応用が可能だ。トンデミーナのように遠心力で2年はかかるといわれている火星への出発も、その超伝導ドローン同士がドローンの上を超伝導で通るようにすれば、また反対側から伸びてきた火星スカイツリーが、こちら側と繋げてくれるかもしれない。岳南鉄道超伝導ドローンにするのもおもしろい。

司法試験の勉強をすると、言葉に気をつけるようになる。JALでもANAでもアパでもない。「俺岳鉄をリニアにしようと思ってんだよね。」トンデミーナを遠心力電気ジェットとすると、重心が難しい。発車した後の重心が。後方よりとびたまえることの。飛びたまえることの。そこに超伝導を使えば。フレミングを5,5,1,2で「8」だ。

なにもJRだけがリニア工事をできるわけではない、ということだ。

ある意味、1,2,5,の3進数も超伝導なのかもしれない。

1,

1,2,

5,

5,1,

5,1,2

5,5,

5,5,1,

5,5,1,2,

5,5,5,

5,5,5,1,

5,5,5,1,2,

5,5,5,5,

5,5,5,5,1,

5,5,5,5,1,2

「14」までなら数え易い。

,

,1,

,1,2,

,5,

,5,1,

,5,1,2,

,5,5,

,5,5,1,

,5,5,1,2,

,5,5,5,

,5,5,5,1,

,5,5,5,1,2,

,5,5,5,5,

,5,5,5,5,1,

,5,5,5,5,1,2

,,

一番左の「,」を「5,5,5,5,5,」(5の5コの塊)としてはどうか。「,,」は「30」だ。鬼胃酸?ならばどうやって体を動かす。まず配達用のドローンを買うだろ?黒猫ヤマトか。ダンボール。箱詰め花咲ブロッコリー。畑。ブロッコリーのドローン?たしかにあの茎は工作し易い。スライスで機体だと?薄く一皮延ばして、冷凍ブロッコリー。一般的には上空1500m付近の気温が「-6℃以下」と言われています。高度85kmを過ぎると温度は上昇しはじめ、高度110kmでマイナス約20度、高度200kmになると約1000~2000度になってしまう。 この後も高度とともに温度は上昇をつづけ、高度1000kmでは約1万度にも達する。 地球から10万km以上も離れると、約10万度になるんだ。ここで火星と地球ではちがうとなってしまう。高度約85kmでマイナス70~マイナス80度になってしまう。 この高度が地球環境の中で最も冷たい場所になる。 50km~85kmを「中間圏」とよび、85kmを「中間圏界面」とよんでいる。

高度50kmでマイナス2~4度になる。

温度が上昇するこの領域を「成層圏」といい、高度約50kmの温度最大の高度を「成層圏界面」という。(成層圏界面で最高に達し約0℃となる。)

気圧は上に行くほど低くなっています。 地上では約1000hPaですが、15kmでは約100hPaに、30kmでは約10hPaに、

50kmでは約1hPaに、高さ

80kmでは約0.01hPa

まで減ります。

中・高緯度では、

高度20キロメートルあたりまで気温はほぼ一定(零下50ないし60℃)

で、それより上では高さとともに気温は上がり、成層圏界面で最高に達し約0℃となる。

ただ太陽に面してない面は冷たいだろう。そこを循環的に冷やしては?充電しながら冷やす。太陽電池の材料としてのブロッコリー、冷やすと超伝導になるのか、有機超伝導。さらにこれが太陽電池になるのか?

ナノセルロースは燃えます。 木や木材が燃える事と同じです。 セルロースの引火点は164℃で、それ以上に加熱して着火点があれば燃えます。

全ての植物細胞壁の骨格成分である植物繊維をナノサイズまで細かくほぐすことで得られる。

一般的に幅4~100nmで長さが5μm以上、高アスペクト比機械的解繊等で製造できる「セルロースナノファイバー(CNF)」と 幅10〜50nm、長さ100〜500nmの針状結晶で酸加水分解により製造できる「セルロースナノクリスタル(CNC)」の2種類を含む。また木材のみでなく、サトウキビやキャッサバなどの搾りかすなどからも同様に均一なものが得られる。
自然由来のため環境にも優しく、自動車部品や建材、人工血管などにまで幅広い分野に応用できると期待されている。

 

1,2,5の3進数

1,

1,2,

5,

5,1,

5,1,2

5,5,

5,5,1

5,5,1,2,

5,5,5,

「5,5,5,」は「3×3」(3が3コ)で「9」だ。そこに5,5,5,1,となれば「10」になる。

このようにして数えると、10進数ほどの記憶力が必要なく、割と正確に数をかぞえられる。「5」という「われわれが『半分』として捉えている概念を越えることは、ない。非常に数えやすい、と思う。ある意味、代数幾何的3進数だ。もともと数字をかぞえる、とは、「片手で物事をやる」ために発明されたものでもある。デクスターに数字をコンパクトなものにすることができる。